株式会社 日本商工リサーチ

ホーム

会社概要 業務案内 WEB事業 調査Q&A

会員&料金

調査依頼

 

 社団法人 日本調査業協会加盟員,


企業信用調査
市場調査
テレホン企業調査
国外企業調査
総合コンサルティング業

業務に対するご質問はこちらまで

MAIL

 

日本商工リサーチ調査 Q & A

日本商工リサーチ調査 Q & A

企業信用調査について分かりやすくQ & A 形式でお答えします。

新規取り引きに対して調査は必要ですか。

以前に当社にて調査した一例を挙げてみます。

ある企業から新規取引をしたいと電話で申し出があり、後日担当者が訪問して、新規の取引と言うことで締め日後1

ヶ月サイトの現金払いで契約を取り交わしサンプルを何点か渡したら数日後に20万円程の注文を受け請求書を発送

したところ数日後に現金振り込みがあったので相手先を信用して注文が入るたびに商品を納入したが、支払日に回り

手形を受け取ってほしいとの要望があり仕方なく4ヶ月サイトの手形にて取引をするようになった、その後月に400〜

500万円の取引をしてきたが初回に受け取った手形が不渡り事故になり支払いを求めて訪問するが相手の企業も自

社も被害者と言うばかりで支払いに応じるそぶりがない為その企業の実態を調査したところ、その企業自体が計画的

な商品の取り込み企業(パクリ屋)であった。

 

パクリ屋とは何か?

パクリ屋とは上記のように取引に対して1〜2ヶ月は現金支払(20〜30)万をすることにより信用付けをして取引額が

大きくなってくると手形で支払いする様にし、1社から約2〜3000万円の商品を取り込む企業である。会社の実体は設

立の古い休眠会社を買って本店移転、代表者・役員など変更して、銀行に対しても信用性をもたす為、大企業の名

前を使い毎月振込入金をして当座開設をさせるなどの巧みな手口で会社の信用付けをしている。全般的に会社案内

の中に.....組合、.....共済会、.....企業、など大手企業の取引がある様にして仕販先に対して信用付け

をするなかで、半年もしくは1年後に倒産する計画で商品の仕入れ悪質企業の事である。しかし当面の運営費など資

金が必要な為、会社のバックには資金を出す人物がいる、その人物こそが企業(パクリ屋)のボスで仕入れた商品は

最終的にその人物に渡り、市価の2〜3割でバッタ屋等に流れる仕組みであり最初から計画的な犯行である。

 

 

上図の某商会とパクリ屋がいかにも取り引きが有るかのような形で手形を受け取り、パクリ屋の支払いに廻すが商

品の方は全て裏の人物が受け取る様になっている。ここで挙げたものはほんの一例にすぎず、ここ最近ではもっと

巧みな方法で商品の取り込みを行っている企業(パクリ屋)がいますので新規取り引きにおいては十分な信用調査

が必要になってきているのです。